スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

べんがら体験


寺町の裏通り。
日曜の朝から、築100年の長屋に人が続々と集まり始めました。


何が始まるかというと・・・



現在開催中の「町家巡遊~ひと・わざ・暮らしの町家展~」の一環で、
漆作家の沢田さんにベンガラ塗りを教わるワークショップです。





これがベンガラと呼ばれてる顔料、酸化第二鉄。
これを柿渋と混ぜ、塗って、拭き取り、最後に油を塗って仕上がりです。


一通り教えていただき、私もいざトライ!



塗って




拭く




一緒に参加したRスタッフ・takaoさんも。



「おぉ~筋がいいねぇー!!」
「ベンガラも塗れる不動産屋や!」とお褒めの言葉を頂いていました。
先生と、髪型と服装がかぶってて師匠と弟子みたいですけど。



さて、会場となったこの建物、実はR不動産で紹介していた物件なのです。
現在、借主さんがせっせとセルフリノベ中で、ゆくゆくはカフェになる予定。

今日塗った木材も床に使用されます。



「ベンガラ塗り」と聞くと、とてもとても素人にはできなさそうなイメージですけど、意外や意外。
最後は拭き取るのでごまかしが効くし、ペンキより簡単かもしれません。
材料も結構簡単に手に入るとのこと。


改装OKの物件を借りて、こうやって自分で直していくって
それほど敷居が高くないんだなと実感しました。
何より愛着湧きますしね。

カフェがオープンしたら、「この床、私が塗ったのよ」と自慢しよっ。


今日のワークショップについては、後日コラムにも掲載予定。
詳しく知りたい方はそちらもご覧ください!



matsu

スポンサーサイト

2009.10.25 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 新人松本、手さぐりダイアリー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kanazawaR

Author:kanazawaR
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。