スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

兼六園の雪吊りはじまる!

11月3日は文化の日。



例年1日に始まる兼六園の雪吊りですが、今年は本日3日。
金沢、ひいては日本の文化を公開!する為に園内無料開放ということで、
行ってきました兼六園。



生憎の天候ということもあって、滑ると危険な高所の作業は後日に延期。

背の低い木から始まっていました。



屈強な職人さん達が吊るための添え木と縄をこしらえてます。



作業着の色はかぶることなく。



新人らしい人は先輩におこられながら仕事を覚えます。
そうして(なんと呼ぶのか分かりませんが、添え木が)できて、


(ちなみに、この噴水は日本最古のもので、動力を使わず、
上の池と同じ高さ、3.5mまで水を吹き出し続けます。)
対象となる松の元へ


棟梁のような方が傾きを整えつつ、決めます。


そしてこう広げていき、


更に均等に広げられていきます。


いやー、思えば、雪吊り作業をこんなにじっくりみるのは初めてでした。
だんだん形になっていくのを見ているのが楽しくて、
天候がよければ、近くの茶屋でお茶でも飲みつつ眺めていたいくらいでした。



しかし、兼六園には膨大な木があって、すべてではないにしろ、
多くの木をこうやって手作業で雪吊りするんだと思うと気が遠くなりました。

唐崎松や根上松、姫小松といった代表格の雪吊りとなると、
更に壮観だろうなー。



雪吊りが始まると、冬の到来が近づいているのを感じます。
みなさま風邪などひかれぬよう。


松脂をとる為についた松の傷。ハリーポッターに出てきそうな顔ですね。

オクタカオ











スポンサーサイト

2012.11.03 | | コメント(0) | トラックバック(0) | event/news

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kanazawaR

Author:kanazawaR
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。