スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

新幹線が来ても、何も変わらない説



北陸新幹線が
来年の2015年の春開業予定ですね。


shinkansen.jpg



これまで電車を乗り継いで
片道約4時間かかっていた金沢-東京間が、
乗り継ぎなしの2時間半になるらしいです。


なるほど片道1時間半、
往復3時間の短縮。


この時間の変化は
金沢のまちにどのような変化を生むのでしょうか。


「新幹線が来ても、何も変わらない。」
この前のナガオカケンメイさんと辻和美さんのトークショーで、
ナガオカケンメイさんが、そう断言されていたこと。


わたしもそれ考えてた!と勝手に気が合うと思い込み、
昨年の夏くらいから、欠かさずに読んでいる
ブログにも関連することが書かれていたこと。


このふたつ合わせて、
わたしなりの考えを書いてみようと思います。


まず、欠かさずに読んでいるブログ記事は、
「しなやかな日本列島のつくりかた/藻谷浩介さん」
の本文感想・抜粋です。

”観光バスでどっと乗り付けてすぐ立ち去る団体客が増えたところで、
本当の意味で地域は潤いません。”

という言葉が気になりました。


観光客の数が増えたとしても、
スピーディーにお金をかけずに、
観光していくであろう
彼らが与えてくれる経済効果は、
幾許か。


ほんとうに金沢のことが
気に入ってくれている人たちならば、
時間をかけてでも、
何度でも来てくれるはず。


そういった人たちや、
金沢に暮らす地元の人たちの暮らしとを、
大切にするほうが賢明だと思います。


現状でも、電車やバス、自家用車で
金沢に来ることはできる訳ですし、
移動の時間が多少短縮されたとして、
「新幹線が来ても、何も変わらない」という説は
やっぱり説得力があるなと思いました。


金沢のまちは、観光客用に
コンビニや大型チェーン店が
バンバン増えて”らしさ”が消えてしまうことなく、
今持っている良いところがもっと良くなるような
変化の仕方をして欲しいと願うばかりです。



はな




スポンサーサイト

2014.07.13 | | インターン さえきはなえの手探りダイアリー

«  | ホーム |  »

プロフィール

kanazawaR

Author:kanazawaR
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。