FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

理想を失わない現実主義




金沢の気骨を学ぶチラシ(案)




台風で雨と風が吹き荒れていた8月10日、
金沢市前市長・山出保さんによる
学生・若手社会人向け講演会の
”金沢の「気骨」を学ぶ”に参加してきました。


率直に言えば、とてもおもしろかったです。


深くうなずきたくなる、
心の奥に突き刺さるお話を聞くことができました。


日本のどこにいるのかわからなくなってしまうような
個性のないまちになってしまわないように、
”金沢市商業環境形成指針”を定めたことには、
まちの個性をもととなっている「屋」のつく商店を守るため。


パラパラとした点ではなく、いくつか集まりで面的に
まちなみとしての古い建物の数々を守っていくために、
”伝統的建造物群保存地区”を指定する。


町家などの建物保存や職人大学校をつくり文化を継承すること。
21世紀美術館をつくり、県庁を移転して駅西エリアを開発。


古いものをたいせつにするだけではなく、
あたらしいものもうまく取り入れて、
伝統と現在を共存させること。


金沢のまちに対して、美しいと感じていた部分の多くは、
山出さんがつくり出した政策によるものでした。


今から昔を思うと、あの時にやっておいてよかったーと
感じることばかりだろうと考えられます。


しかし、当時からしたら、
現状を覆すことになる、
実行をためらってしまうようなものなはず。


金沢のまちと文化を守り、育てる
もの凄い信念。


金沢らしさをきちんと理解して、
それを残すために尽力する。


金沢弁のやわらかい口ぶりとは裏腹に、
気骨にあふれた方でした。


わたしたちもその想いを継いでいかなければ!



はな

スポンサーサイト

2014.08.13 | | インターン さえきはなえの手探りダイアリー

«  | ホーム |  »

プロフィール

kanazawaR

Author:kanazawaR
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。