スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

あの物件、その後は?

掲載していたあの物件は、その後どうなっていったのか?

僕達の空間の読み方は正しかったのか?

実際に暮らしてみると、いったいどんな感じですか?

そんなレポートも、
物件を探している人のイメージ作りの参考になればと思いまして、
ひとつカテゴリーが増えました。


「金沢Rのお客さん/お知り合いの情報」
 
掲載してきた物件のその後、あの物件がこんな風に、こんな使われ方をしています、 
そんな事柄をお知らせしていきたいと思います。 






近江町がすぐ傍のレトロ一軒家として人気のあった
http://realkanazawaestate.jp/estate.php?n=235




「どら焼き好きの寝床」

そんなに意味はなくて、いつも押入れから出てくるドラえもんも納得できそうな、押入れ改造ベッド風があるのでこのタイトルだった物件。

僕達としては、いわゆるデパ地下のお店とかでは味わえない、
加工前の食材の生臭い血の匂いや猥雑な感じがテンションを上げてくれる
近江町市場がすぐ傍にあるという臨場感、しかもけっこう年を経た建物というのにグッときたわけです。


この物件に興味を持ってくれたのは、
大学で先生をしているアメリカから来たジョンさん(左)





元々日本語が上手な人だったのですが、
「あそこのおでんがうまい」とか
ますますこのあたりに馴染んできています。

そのうち逆に紹介されるかもしれない。





タイトルになっていた寝床ですが、この体格では
納まらず、格好のTV台に。
すこしづつ後ろに絵を飾ったり、
好みの雰囲気にしていくんだそう。



思い切り日本家屋。そして、「西町藪ノ内通」という
金沢で生まれた人もそんなに知らなさそうな小さな町の一角。
そんな穴場のようなところにジョンさんのような日本の外で生まれて来た人が
暮らしを楽しんでいます。

案外ここで生まれて暮らしてきた人よりも、素直にここの魅力が見えてるのかもしれないと思ったりもします。

takao















スポンサーサイト

2009.03.07 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 金沢Rのお客さん/お知り合いの情報

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kanazawaR

Author:kanazawaR
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。